ここかしこ たくさんのねがいごと。Love is praying.

ここかしこ通信

2013/03/10

LIVE! 雲棚制作

Y2有井ゆま

このエントリーをはてなブックマークに追加

雲棚を制作していただいているのは
富山県南砺市、「井波彫刻」の彫刻師のみなさんです。

今回は、花嶋弘一さんの工房にお邪魔しました。
制作風景をご紹介いたします。
 

 
いきなり、豪快に
工房の床へドリルでネジを打ち込む花嶋さん。
 
見学者一同、びっくり
しばし無言。
 
 
粗彫りをする前に、床に分厚い板の作業台を固定。
さらに、材料の周りを囲うようにし添え木を置き、台と固定。
材料が動かないようにします。
 
 

粗彫り開始。
 

 
一彫り、一彫り
床に迫力ある振動が伝わります。

力強い カンッ、カンッ という音と共に
辺りに楠の良い香りが パンッパンッと弾けます。
 
楠は防虫剤としても使われる木。
ずっと嗅いでられそうな、すぅ〜っとする良い香りです。
 

 
 
 
 

真正面の特等席でジロジロ。
役得です!
近づきすぎて、花嶋さんに頭突きしそうに。

まさにお邪魔しちゃってます。。。
 
右にいらっしゃるのが、大野勝人さん。
 
 
 

みるみるうちに
材料が、新たなものへとカタチを変えていきます。
 
*注 粗彫りから仕上げまではかなりの時間を要するため、工程ごとに仕上がったものを拝見させていただきました。 
 
 
 
粗彫りでカタチをとると、より雲の動きを出していくため
細部にのみを入れます。
 

カンッ、カンッ から
ズズズズッ、ズズズズッ、という音に変化。
 
 
ノミを木肌に滑らすように
思い描く雲の表情に合わせ、刃の違うのみを使い分けて彫っていきます。
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
大切な刃物を状態良くする砥石

 
 
 
固い木材だったものが、花嶋さんの操る一彫一彫をまとい
一筋の雲となります。
 
 
この日、雲棚の他にも
たたみ一畳ほどの大きな衝立を作製されるところを見学しました。

迫力あるお仕事を目の前で拝見し、
井波彫刻は男性のシゴトだ!と思いました。
かっこいい。
 

雲棚、大切にいたします。

花嶋さん、大野さんはじめ、井波彫刻協同組合の腕利きの職人のみなさま
どうもありがとうございます!


花嶋弘一作「雲棚」の商品ページはこちら>>
大野勝人作「雲棚」の商品ページはこちら>>


written byY2有井ゆま